HOME > Online-Store > MMP > 楽しみ方

メイクアップ用の使い方

ファンデーションの後にマジカルムーン・パウダーをつけることで、メイク崩れを防ぎ、メイクの持ちを高めます。また、サラサラの肌を長持ちさせることはもちろん、シルクとパールがハイライト効果となって、お肌に艶と透明感をプラスします。

  • ファンデーションの仕上げに

    クリームファンデーションやリキッドファンデーション後の仕上げ用に使います。

  • パフの持ち方

    パフのリボンに、利き手の人さし指、中指、薬指を入れ、親指と小指でパフの両脇を支えるように持ちます。

  • お肌につく量を調節

    付属のパフにパウダーを適量含ませ、手の甲にのせてお肌につく量を調節します。

  • パフでやさしくはたく

    パフをやさしくはたいて、頬、額、あごと、全体につけていきます。指先で肌に触れてみて、ベタつきがなければ大丈夫です。

  • 顔全体になじませる

    最後にもう一度、顔全体になじませます。仕上げに、指先で眉の上をなぞるようにし、余分なパウダーをとりのぞきます。

    ※お手持ちのフェイスブラシ等をお使いいただいても結構です

ボディケア用の使い方

  • MMOP 後のスキンケアに

    MMOP等のオイル使用後にパウダーを軽くはたいてみてください。吸水性と保湿性を併せ持つ植物性の微粒子が、ベタつきをおさえつつ、適度な保湿状態を保ってくれます。

  • 日焼け対策のサポートに

    お手持ちのサンスクリーンの上からはたくことで、持ちをよくするサポートをしてくれます。

  • 汗をかきやすい季節に

    汗をかきやすい時期は、お出かけ前に脇などに軽くはたいてください。つけた後、肌はサラサラ滑らかに。

  • 余分な水分・オイルをふきとる

    お風呂上がりや、MMOPで肌に潤いがある状態で、肌表面の余分な水分・オイルをふきとります。

  • 肌につく量を調節

    付属のパフにパウダーを適量含ませ、手の甲にのせて肌につく量を調整します。

  • パフではたく

    肌の表面が乾いた状態で、腕、脚などに2〜3回パフをやさしくはたきます。(パフする場所はお好みで結構です)

Keiko流 活用法

  • メイクの仕上げにハイライトとして。額の中央、鼻筋、両目の下にサッとひとはけします。
    顔に立体感が出て引き締まった表情に。小顔効果もバツグン。

  • 毛穴が気になる箇所に。毛穴をふんわりカバーします。

  • 瞼のくぼみが気になる方は、瞼にハイライト代わりに。

  • 目の下のクマが気になる場合は、気になる部分にひとはけ。くすみを目立たなくしてくれます。

  • 素足の際は、膝下の骨に沿ってパウダーを縦にひとはけ入れます。

  • 鎖骨に沿ってパウダーを軽くはたくと、首から肩にかけて華奢な印象に。

  • 手の甲全体にパウダーを軽くはたくと、白魚のような美しい手に。

  • 膝や肘の黒ズミなどの気になる部分に。

Magical Moon Powder

今回ご予約のMMP

良縁だけを引き寄せる女性になる
牡牛座&蠍座の引力強化パウダー

ご予約期間

  • 数量限定
  • ご予約商品

109日(火) 〜 117日(水) 23:59

※お届け予定:11月15日(木)頃
※アチューンメント(月光浴等による波動調律)等の都合により、お届け日が若干前後する場合があります

PAGE TOPへ