Lunalogy Life月星座ライフ

あなたの運命を変えるかもしれない「10天体順行期間」に注目!

2022年12月20日、ラッキースター木星が牡羊座に移動し「新しい12年サイクル」と共に「牡羊座木星期」が始まりました。牡羊座は12星座のトップバッターで、「機動力」「行動力」「スピード」「スタート」のエネルギーに満ちています。人間でいえば、無限の可能性を秘めた赤ちゃんといったところ。

お稽古事でも勉強でも、最初に基礎が重要であるように、「牡羊座木星期」はこれからの12年の幸運の土台となる期間です。Keikoは「宇宙はスタートが肝心」とお伝えしていますが、「牡羊座木星期」にどんな種をまいておくか、結果や成果を出したいことに着手しておくかが、今後のあなたの12年の幸運に大きな影響をもたらすのです。

それほどに重要な意味を持つ牡羊座木星期に、宇宙は私たちに素晴らしい贈り物をもたらしてくれます。

その贈り物とは、「10天体順行期間」。Keikoは「宇宙からのご褒美期間」とも呼んでいます。

本日は「10天体順行期間」がどんな現象で、どんなことが起こりやすいのか。そして、「牡羊座木星期の10天体順行期間」にどれだけ重要な意味があるのか、をご紹介します。

10天体とは?
そして順行期間とは?

10天体とは、月・太陽に加え、太陽系にある地球以外の8つの惑星(水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)のこと。ホロスコープ上に表示される惑星たちを示します。
そして、占星術上では「逆行」という現象が起こることがあります。逆行とは、進行方向が逆になる、というわけではなく、「地球上から惑星を見たときに、一時的に”逆向きに進んでいるように見える”状態」のこと。そして、惑星が正しい方向に進んで見える状態を順行と言います。

逆行が起こる頻度や期間は、惑星によって異なり、水星は年に3回、1回につき約3週間逆行し、海王星や冥王星の場合は数か月にも及びます。そのため宇宙ではいつも惑星のどれかが逆行しているのが当たり前の状態。

10天体順行とは、「すべての天体が逆行していない状態のこと」を指します。じつは、1度も10天体順行が起こらない年もあり、起こっても数日や2週間程度だったりと、毎回タイミングや長さが決まっていないため10天体順行はとてもレアな現象です。

Keikoによると

Keiko
全惑星が同じ方向を向いて協力体制をとっているから、物事がスムーズに進んだり、思い通りに事が運ぶ、ということが起こりやすいの。

それに、宇宙全体のバックアップが得られるから、新しいことを始めるにもいいタイミング

だそう。

10天体順行期間は、私たちの行く手を阻むものが何もない状態であり、めいっぱい宇宙からの追い風を受けて進める期間だということです。

2023年の10天体順行期間は?

10天体順行期間は、「逆行する惑星がひとつもない=すべての惑星が同じ方向を向いて動いている」期間。では、非常に重要な「牡羊座木星期(2022年12月20日~2023年5月16日)」の「10天体順行期間」は、いつなのでしょう?

今回の10天体順行期間は、2023年1月23日~4月20日までの、なんと約90日!たった5か月ほどの牡羊座木星期中、約3か月も天体たちはそろって順行になっているのです!

そして、注目していただきたいのは今回の「10天体順行期間」にやってくる天空の動き。

  • 1月23日 天王星が順行に戻り「10天体順行期間」スタート
  • 2月6日 獅子座満月
  • 2月20日 魚座新月
  • 3月7日 乙女座満月&土星の魚座入り
  • 3月21日 宇宙元旦
  • 3月22日 1回目の牡羊座新月(1回目)
  • 3月24日 冥王星の水瓶座入り
  • 4月6日 天秤座満月
  • 4月20日 2回目の牡羊座新月(金環皆既日食)

太陽が牡羊座に入ることで1年の始まりとなる「宇宙元旦(春分の日)」に加え、2回の牡羊座新月、さらには、太陽系でも力の大きな「土星」と「冥王星」がサインを移動するなど、ものすごく大きなエネルギーが動くのです。

宇宙が今回の10天体順行期間をどれだけ重視しているかは、明白ですね。

宇宙からのご褒美期間
「10天体順行期間」で
幸運体質に生まれ変わる

地上で起こる出来事は宇宙の影響を受けるもの。それは、私たち人間の意識も同様です。10天体がすべて足並みを揃える順行が私たちに与える影響の強さは計り知れません

逆行期間が、障害物のある道を歩くようなものだとすれば、10天体順行期間は何も遮るものがない道を、追い風を受けて突き進むようなもの。つまり、宇宙の強力なサポートによって飛躍できる大チャンスなのです。

宇宙のご機嫌が超うるわしく、「何でも協力するよー!」という期間なので、惑星たちがもつエネルギーの相乗効果が受け取れるとき。しかも、今回の10天体順行期間はこれから先の運命も左右する「種まきの牡羊座木星期」に起こるのですから、活かさない手はありませんよね。

  • やりたいと思っていたのに今までできなかったことを始める
  • 心の中で温めていたことに着手する
  • 早く軌道に乗せたいこと、結果を出したいことを進める
  • 停滞を感じていたことを再開する
  • 積極的に人と関わりコミュニケーションをとる
  • 新しいことを始めてみる
  • 自分の印象を変えてみる
  • 頭で考えすぎず、まず行動する
  • 「陽(火)のエネルギー」を積極的に取り入れる

など、あなたの魂の声に従って、どんどん行動し、種まきをしてください。この期間、躊躇したりグズグズと迷って動かないのは宇宙の恩恵を自ら遠ざけてしまうようなものです。

それだけではありません。冒頭でお伝えしたように、牡羊座は人間でいえば赤ちゃん。始まりのエネルギーに満ちていて、可能性の塊であり、機動力、行動力、瞬発力を放ちます。そこに、幸運の追い風となる木星を含めてすべての天体のバックアップがあるわけですから、「あなた自身が幸運だけを引き寄せる”幸運体質”」へと生まれ変わることも可能なのです!

そしてここであなたが今回の10天体順行期間で幸運体質に生まれ変わり、宇宙の用意してくれた幸運の波に乗ることができれば、10天体順行期間が終わっても思い通りにあなたの人生をクリエイトしていくことができるでしょう。

今後のあなたの12年の幸運に大きな影響をもたらす「牡羊座木星期の90日間に及ぶ10天体順行期間」。私たち自身を根底から幸運体質へと導き、あらゆる幸運を思い通りに受け取れるように後押ししてくれる「宇宙からのご褒美期間」を有効に使って、幸運のロケットスタートを切ってください。

Keikoが「皆さまに10天体順行期間を活用しきって幸運体質になっていただきたい!」とご用意した特別アイテムを活用いただくのもおすすめですよ。

いよいよ牡羊座木星期到来!その開運ポイントとは?

この記事をシェア

この記事の監修者Keikoについて
月星座開運法「Lunalogy®」および新月・満月の願いを叶える「Power Wish®」創始者。独自のロジカルな星を読む開運法が人気を博し、政財界・芸能界にもファンが多い。著書は30冊以上、累計発行部数140万部以上。
Keiko
Keikoメールマガジン月に願いを 毎朝6:00配信 ご登録はこちら

ABOUT US

Sawa
1977年生まれ。既婚。仕事とプライベート、両方の充実を目指して邁進中。
豊富な知識と経験を活かしてみんなをまとめるMoon Signチームのリーダー。占星術にも詳しく、ミーティングでは天空図片手にKeikoと熱く語り合うこともしばしば。
プライベート最大の目標は「 心からくつろげる住まいに出会うこと 」!週末は大好きなワインを飲みながら、雑誌やインターネットで住まいやインテリアに関する情報収集をするのが定番だそう。

・月星座:蠍座/太陽星座:獅子座
・血液型:A型
・職業:ディレクター
・趣味:ワイン、ヨガ、アロマテラピー